神待ちとは何を意味するのか?その少女らと出会う方法は?


◇神待ちとは


インターネットを放浪していると、たびたび見かける「神待ち」の文字。あれがいったい何を意味しているのか、気になった男性は少なくないでしょう。ちょっと怪しい気配がしますしね。神待ちとは、まさに自分にとっての神を待っている状態を指します。そしてそれは、はっきり言ってしまえば、やむにやまれぬ事情により援交をすることにした女性らが、自分を買ってくれる男性を待っている状態をいうのです。それが「神待ち」です。

◇どうして神を待つのか

神待ちをしている女性の中には、本当はこんなこと(援助交際)したくないと考えている方も少なくありません。それではどうして彼女らは、援助交際に走ってしまったのか。最も多い理由は、家出です。しかも未成年の家出です。学校や家庭に不満があって、思わず家を飛び出してしまった女の子。そういう子たちは、初めのうちは友達の家を泊まり歩くのですが、そのうち親友だったはずの子にも疎まれだして、ついには寝る場所も食べる物もなくなって、貯金は底をつき、にっちもさっちもいかなくなります。自分で働こうにも、家出中の身で職を探すのは難しいですし、中学生となれば、雇ってくれるところはありません。
そうなると、普通は家に帰るものですが、何か大きな理由があって、それでも家に帰りたくないという女の子は、ついに自分の体を売って生活費を稼ぐようになるのです。そうして、お金を払ってくれる男性を待っている状態を、「神待ち」と表現するわけです。

神待ち少女と出会うには

神待ち少女と出会うには、まずひとつ、掲示板を使うという手があります。メル友掲示板や、リアルタイムチャットなど、連絡先の交換及びその場での交流を目的としたサイトは、検索すればいくらでも出てくるでしょう。その中でも、中高生の出入りしているような場所に、「困っている子いたらメールして。相談乗るよ」と書いておけば、そのうちメールが届きだすかもしれません。ただし、いたずらの標的にされてしまう危険性もあるので、あまり露骨なことは書かないほうがよさそうです。
次が出会い系サイトですね。本来ならば出会い系サイトは身分証の提示が必要ですが、そんなものは先輩なり母親なりのをちょっと拝借すればごまかせますし、なにより年齢確認をしなくともサイト内でのメールをすることは可能ですので、中高生でも問題なく利用できるというわけです。その中で「家出中」や「制服で」といった言葉を自己紹介文や掲示板への書き込みに散らしている女の子に、メールを送ります。そうすると、結構な確率で中高生であることが予測されます。
神待ち少女にお金を渡すことはたしかに人助けであるかもしれません。
が、条例違反であることはお忘れなく。
方法はここに書きましたとおりですので、あとは自己責任でお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ